2010年11月の推薦図書

2010年 12月09日

経営者はこれを読め!PAL研究会推奨図書

前半はデフレについて。日本がハイパーインフレには絶対にならいない理由など、わかりやすく書かれています。消費税UPがさらにデフレを加速させてしまう可能性があるという事には不安も感じます。現在政府は、円高とデフレ回避が目的の対策が出されています。著者の活動の影響もあったのでしょうか。一言で言えば、お金を刷ってデフレを止めよ!という本です。

   不動産コンサルタント
      小原隆浩氏推薦
 
     
   
    


  


    
この本の題名や文章の展開はふざけているように見えるが意外や意外、24個の成功理論はオーソドックスな正統派の理論でした。「自分が儲かりたいと思っている人は儲からない。人に儲けさせることをした人が儲かる。」・・・・・「相手にとっての成功は自分にとっての大成功。」・・・・・・素晴らしい成功理論が面白おかしく展開されています。

        公認会計士
      曽根康正氏推薦 
    
佐藤一齊は岐阜県岩村の出身。PAL研究会の地元です。
「言志四録」は知っているが読んだ方はそれほど多くはないのではないでしょうか。
かく言う私も、気にはなっていたのですが、なかなか初心者(?)向けの書籍がなく、やっと本書に巡り会いました。1項目概ね2ページ程度の解説で、ちょとした時間にも気軽に読めます。

       不動産鑑定士
       山村寛氏推薦   
     
この本をアップするのはちょっと勇気が要りました…、元航空幕僚長が、歯に衣着せぬどころではない勢いで、日本の政治家・外交を一刀両断してます、良い悪い・正しい正しくないはともかく、一つの歴史観は学べます。
帯には、
Q、国境侵犯にはどのように対処すべきですか?
A、不審船は粉にして日本海に沈めてしまうべきです
とあります、昨今の外交問題ですっきりしない方、オススメです。

ファイナンシャルプランナー
      小栗孝一氏推薦


過去の推薦図書はこちら