2011年12月の推薦図書

2012年 01月17日

経営者はこれを読め!PAL研究会推奨図書

【「峠」上・中・下 3巻 】 
幕末の志士、長岡藩 河井継之助を描いた小説です。
明治維新を飾った坂本龍馬や高杉晋作のように革命の志士ではなく、かと言って勝海舟のように幕臣でもない。長岡藩を独立国にすべく行動を取った人です。
知行合一、陽明学を実践した河井継之助の一生を堪能して下さい。

         公認会計士
       曽根康正氏推薦
       
  


    
著者はJR山形新幹線のカリスマ販売員で、東京−山形間1往復半の約5時間強で50万円を売り上げた記録を持ちます。講演会で聞いたお話では、間違えて積みすぎたワインをわずか20分で6ダース売り切ったそうです。決して無理強いではなく(押しは強いと感じましたが)、状況に応じた工夫や、仮説を立てて商品を変える等、車内販売という厳しい制約の中だからこそ生まれてくるとも思える発想は、様々な業種の営業にもきっと役に立つと思います。また、おつりを早く渡す為に、小学生用の計算ドリルを買って暗算を速くするなど、努力を怠らない姿勢にも刺激を受けました。

 ファイナンシャルプランナー
       小栗孝一氏推薦



  
ジョブスの名言がひたすら書かれている1冊。
ビジネスで選択に迷ったときに読み返してみたり、進む方向性の確認など、相談相手の居ない方にオススめです。

  スマートフォン
    ビジネスアドバイザー
       中川晃志氏推薦




   
     
著者は、東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会委員長。また、失敗学で有名な畑村 洋太郎氏。津波対策として建設された防潮堤があるがゆえに、住民の危機感が薄れ、避難が遅れ甚大な被害が発生してしまった地域も多かった。
普段の仕事や生活でも予想される困難にあらかじめ対処、準備することですべて終わったような気になり、予想超えた困難への対処ができなかったり、遅れたりすることはないだろうか?
今回の東日本大震災から学ぶ教訓は多い。

        不動産鑑定士
        山村寛氏推薦

 
   
    

過去の推薦図書はこちら