2012年9月の推薦図書

2012年 08月31日

経営者はこれを読め!PAL研究会推奨図書

「ルールより人としての常識」「すべてのことに両面がある」「本当の教養」等全八章からなる曽野綾子による人生哲学。
賛同、同意するものもあれば、反論したくなるものもないではないが、この書に対し、しっかりとした自分の意見を持てるようになりたい一冊です。

      不動産鑑定士
       山村 寛氏推薦

              
  


    
どうすれば、ビジネスで『利益』を生み出せるのか?

このシンプルかつ深遠な問いに、ストーリー形式で答える究極のビジネス書

    医師
     長谷川 嘉哉氏推薦


幸福とは何なのか。絶対的なものか相対的なものか。
哲学めいたことを「プロポ」と呼ばれるコラムのようなもので簡単に表現したアラン。
それをさらに優しく解説したのがこの本です。
不況、海外からの侵略など将来への不安を感じる今、幸福とは何かについてゆっくりと考えてみませんか?

      中小企業診断士
       林 敦司氏推薦


   
     
著者は、ファーストリテイリングの柳井正「1勝9敗」でも紹介されているユニクロ監査役です。
大企業の会計数字を例にあげて、会計思考を養うといった内容ですが、中小企業でもすぐにでもはじめられるものばかりです。
また有税であっても独自の耐用年数で減価償却をするといった実践的な内容で、単に会計の知識の勉強本ではありません。改めて会計の大切さを理解できる一冊です。

     社会保険労務士
      久野 勝也氏推薦

過去の推薦図書はこちら